無農薬玄米 出産内祝い米 引越挨拶米 披露宴贈答米

健康は美味しい食事から、Have a Rice Day

支払方法の画像

武蔵府中  四人部屋

水車
上記は、立川在住の菊地裕二さん(http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/9371/index.html)が、東京都教育委員会発行の歴史の道報告書 第5集「甲州道中」内の地図を元に作成した図に、さらに四人部屋の位置を付け加えたもの。
"北側の三軒目の旅館「松本」は、経営者の交代はあったが、江戸中期の享保期よ り旅籠を営む府中きってのしにせ旅館である。また同じ並びの数軒先の「亀田屋」も 江戸時代より続く和菓子屋である。そしてその西隣に、かつては「四人部屋」という 屋号の旅館があった。その主人野村六郎右衛門は瓜州と号した文人で、太田蜀山人と も親交があり、江戸にもその名の知られた旅館であったが、明治に入り廃業したようで ある。"(東京都教育委員会発行の歴史の道報告書 第5集「甲州道中」より)
幕末の府中の屋号の記録では、「四人部屋」が残っています。しかしながら、いつまで営業していたかは、不明です。
野村瓜州の孫、助次郎は1823年(文政六年)、今の競馬場北の用水に水車「天地車」を架けますが、野村金蔵が幕末からその水車を管理していたようです。金蔵は、明治になってから水車のあった八幡町に引っ越しています。この金蔵が、当店現当主の四代前になります。(金蔵の娘が、元々親戚だったと思われる小澤姓を名乗ります)
明治になって、亀田屋さんの西隣は、「すし由」さんでした。店主の渡辺家は、神田から引っ越されてきたそうです。当家の言い伝えでは、土地は亀田屋さんに買い取ってもらったとなっています。亀田屋さんのお話では、御親戚が持っていたようで、渡辺さんそこを買い取ったと思われます。(店主補足)
★旧地名の読み(五月のお祭りの時には忽然と現れる地名)
神戸   : ごうど
新宿   : しんしゅく
京所   : きょうず
御旅所 : おたびしょ
六所宮 : ろくしょぐう