無農薬玄米・贈答米 てんち米店(天地米店)ブログ

五ツ星お米マイスターとあなたに合った美味しいご飯を探しませんか?

*

玄米は栄養がありますよね?

   

玄米食の方、間違いなく増えています。

当店だって、最初は一品種だったのが、

今は、常に、15品種は店先に並んでいます。

 

たから、足の踏み場がない(笑)

 

炊飯器の玄米モードも、

この傾向を後押ししているんでしょう。

以前は必須だった圧力釜がなくても、食べられますから。

 

「玄米は栄養があるから」

といわれる方もいますが、

ちょっと待った!

 

確かに、白米と比べれば、

はるかに多い栄養価です。

しかし、白米は、

でんぷんとたんぱく質だけになってしまっているといっても過言ではありません。

他の栄養素のほとんどが、ヌカと胚芽に含まれていて、

それを取り除いて白米にするわけですから。

白米と書いて、「粕」カスだなんて、書き方もされていますね。

粕は、酒粕ですから、酒をしぼった残りカスということで、

玄米と白米の関係についての説明ではないんですが。

 

閑話休題、

要するに、比較する相手が悪い。

ほとんどなくなってしまっている量の栄養素と比較したら、

すぐに、何倍、何十倍となります。

これは、数字のマジックですね。

 

無洗米も、一時、このマジックを堂々と使っていましたね。

 

一日に必要な摂取量を考慮すれば、

玄米だけでは足りません。

 

だいたい、お米のたんぱく質は穀類の中では最上ですが、

それでも、必須アミノ酸は全部とれません。

大豆と組み合わせて、初めて全ての必須アミノ酸を満たします。

 

要するに、

和食の知恵を生かして、

大豆を組み合わせて、必要最小限のたんぱく質を摂取し、

なおかつ、

野菜(それも温野菜)をしっかり食べて、

ビタミン・ミネラルもとる必要があります。

 

そうそう、動物性たんぱく質も!

 

1960年代の日本の家庭料理が、

アメリカでは、理想の食卓と定義づけられて

いるようですから。

 

 

 

 

 - ブログ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
炊飯器 浸漬してますか?

お得意さんが、再開発のために、仮店にて営業。 なんとなく、炊飯の雰囲気が以前と違 …

no image
お赤飯炊いてみませんか?!

モチ米の販売って、毎年ほぼ同じくらいの数量。 でも、暮れのモチ米販売は、常に前年 …

no image
お米マイスター 研修会

昨日は、お米マイスターの研修会。 非常にためになるお話でした。   特 …

no image
頑張ろうと思った次第

ご年配の方、ご来店。 新米はどれなの? これと、これと、これと、これと、これです …

no image
今から行くから、詰めておいて

「5kg詰めておいて」 「玄米を五分搗きで10kg」 「発送を20kg、持ち帰り …

no image
人間はもともと雑食だった?!

最近、何かと話題の糖質制限食を主張される方の説明の中に、   「先住民 …

no image
ああ、業務用のお米 (~_~;) ザンネン その2

昨日の、残念なご報告 (^_^) 続編です。 別の店のことではありません。同じ店 …

no image
てんちさんが一番すきなのは?

「何が美味しいの」 というのが定番の御質問ですが、 たまに 「で、てんちさんが一 …

no image
ああ、業務用のお米 (~_~;) ザンネン

昨日、業界の会合で、東京都内に。 会合前に、昼飯をと思い、イタリアンにて、牛タン …

no image
分搗きは時間をかけたいのです

朝、 「誰それさんの何々を何分搗きで何キロ搗いておいてください」 こういうご注文 …