無農薬玄米・贈答米 てんち米店(天地米店)ブログ

五ツ星お米マイスターとあなたに合った美味しいご飯を探しませんか?

*

消費税増税対策? (^_^) その三

   

2.ご飯を食べて、適切な塩分摂取を

消費税増税、円安によるインフレ傾向、一部企業だけのベア、

こんな状況で、余計な医療費は、なにより避けたいところです。

健康に関することで、いつも言われるのが、日本人、塩分摂取を控えるようにと。

 

もともと、和食は、塩分過多になる、という言われ方をしますが、そうでしょうか?

確かに、昔の、ご飯に塩気たっぷりの漬物をたくさんという食事ならば、

わかりますが、最近は食の多様化で、そうことは簡単ではない。

 

ちなみに、

味噌汁一杯で塩分量は1.5グラム。

実は、トースト一枚にバターやマーガリン塗るだけで、塩分1.5g。

でも、パンでは、それだけでは食事として成りたちません。

味噌汁には、具を入れれば、それなりのおかずになります。

でも、トーストのほかにおかずを作れば、たいがい、塩と胡椒は必須。

 

前日に多めのご飯(を冷凍にして)と味噌汁とおかずを作っておけば、

翌朝は、段取りも楽です。

 

栄養を取りながら、手抜きではない楽をして、健康にも留意して、

そして、お財布にも優しい (^_^)

 

いかがでしょうか?

 

こういう味噌汁に関する情報もありました。

 みそ汁の塩分は、高血圧には影響しない。塩分3割オフ効果も! 

「摂取した塩分のうち、30%は血圧上昇に関与しないことがわかっています」

「血管年齢を示すものとして血管の硬さを表すCAVI値という指標があるが、これは1日1杯程度のみそ汁を飲んでいる人たちが最も低く、血管年齢を10歳程度も改善する傾向が認められている。」

「具材の栄養を効率的に摂ることができるみそ汁は、たいへん機能性にすぐれた、日本が誇る伝統食です。抗酸化作用などの健康パワーも考えれば、1日1杯程度のみそ汁を積極的に飲みたいものです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
炊飯器のマニュアル4

炊飯器はお釜が命!   最新の炊飯器、10万円を超える長高額機種も。 …

no image
もち麦騒ぎ! 冷静に見てみると・・・

先々週のとある午後、突然 「もち麦ありますか?」 そこから数時間で、 もち麦が完 …

no image
新米がぼちぼちと入荷

例年のことですが、当店は、新米入荷が遅い。 早いところは、6月から石垣島の新米か …

no image
みんな違ってみんないい!

お好みに合いそうな品種を二つ選んだ結果、 「うちでは、青森の△△さんの○○○○よ …

no image
お赤飯炊いてみませんか?!

モチ米の販売って、毎年ほぼ同じくらいの数量。 でも、暮れのモチ米販売は、常に前年 …

no image
炊飯器 浸漬してますか?

お得意さんが、再開発のために、仮店にて営業。 なんとなく、炊飯の雰囲気が以前と違 …

no image
わんちゃんも食事アレルギー!

お客様が、 「玄米を買いたい」 「飼っている犬が食物アレルギーで」   …

no image
炊飯器マニュアル OMG! 「ひたし」設定があった!

炊飯器のマニュアルをあらためて、端から端まで読破 (^_^) おおっ~~、 「ひ …

no image
美味しいの5kg 海外に持っていく

「お米を海外に持っていきたい」 たまにある話です。 今回は、香港。 「どれがいい …

no image
やっとそれなりに消費税などに対応

四月からの消費税アップ。 それだけじゃない。 なんと、突然の送料アップの通知。 …