無農薬玄米・贈答米 てんち米店(天地米店)ブログ

五ツ星お米マイスターとあなたに合った美味しいご飯を探しませんか?

ブログ

意外と知られていない日本のお米事情

投稿日:

無農薬米に無農薬の雑穀をお買い上げのお客様。

やはり、アトピーに関心があり、農薬などに対する知識も豊富です。

その会話の中で、日本の米事情に話が及び、

意外と知られていないことが多いんだな、と。

 

例えば、

日本人が銀しゃりを食べられる前に、

麦や雑穀を混ぜていたこと。

(最近のブームじゃないんですね)

 

古事記・日本書記には、殺された神の死体から五穀が生まれ出たとの話が。

そこでは、粟(あわ)・稗(ひえ)・麦・豆・稲が五穀とされています。

江戸時代以降は、米・麦・粟(あわ)・豆・黍(きび)を五穀ということが主流らしいです。

五穀が何かということは、時代や地方によって違っているようですね。

 

米の自給自体、昭和30年代半ばになって初めて達成されたこと。

(なんでも、昭和42年まで輸入していたとか)

 

日露戦争のとき、陸軍は脚気でかなり亡くなっています。

海軍は、麦飯だったので、圧倒的に少ない。

(この責任は、陸軍軍医の森鴎外にあるんですが)

 

でも、庶民が兵役につけば、

「銀シャリ食べられる」

というのは、非常に大きなことだったんでしょうね。

 

それで、昭和30年代、国の増産運動の結果、

銀シャリをいくらでも食べられるようになって、

そうしたら、今度は、米が余るように。

 

パン食も増えて、同時に油脂の摂取も増えて、

それから、生活習慣病が増えていきました、とさ 笑

 

 

 

 

-ブログ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

無洗米っていいですか? 続

環境に関することと思いましたが、 その前に無洗米の おさらい。   世に無洗米と呼ばれる物は、大きく分けて三種類。   1)大手機械メーカーのプラント精米、一応、乾式「無洗米」 2 …

no image

「お米と日本の歴史その3」天地米店小澤量のHave a Rice Day! ラジオフチューズ2019/10/01

 今日も、日本の歴史とお米。三部作の最終回です。   鎌倉時代から始めます。鎌倉幕府が朝廷に認めさせた権利が、守護地頭です。守護はその国の軍事や警察を担当し、地頭は荘園や公領の管理や年貢の取り立てなど …

no image

てんちさんが一番すきなのは?

「何が美味しいの」 というのが定番の御質問ですが、 たまに 「で、てんちさんが一番すきなのは?」 おおっと。 と、そんなにびっくりすることではないのですが (笑)   答えは、 「私は、石川 …

no image

炊飯器のマニュアル4

炊飯器はお釜が命!   最新の炊飯器、10万円を超える長高額機種も。 そして、その金額の裏打ちは、 趣向を凝らしたお釜! まぁ、型落ちすると、がくっと値が下がりますが 笑   なん …

no image

栄養の強化米 『新玄』

【新玄】   武田信玄ではありません。   聞いたことがあるでしょうか? 昔は、ビタミン強化米と呼ばれていました。 もっぱら、脚気にならないための ビタミンB1補強でしたが、 &n …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。