無農薬玄米・贈答米 てんち米店(天地米店)ブログ

五ツ星お米マイスターとあなたに合った美味しいご飯を探しませんか?

ブログ

炊飯器のマニュアル2

投稿日:

全自動の炊飯器。

浸漬から蒸らしまで、お任せ炊飯。

時間はどれくらいかかっているでしょうか?

 

多分、40数分(白米の場合)。

 

昔のガス炊きの文化釜なら、

浸漬は30分~一時間、

炊飯が15分、蒸らしが15分。

総工程で一時間以上。

 

現在の炊飯器は、トータルで40数分となると、

浸漬時間を含めると、短縮されているし、

炊飯時間だけで見れば、長くなっている。

 

そうです、この長くなっているところがミソです。

実は、通常の炊飯モードだと、

最初の15~20分、

水温を40~50度に上げて、

お米を浸漬しているのです。

この時間と温度は、各メーカーで違うと思われます。

 

パナソニックは、これを

「前炊き機能」

と呼んでいました(以前は)。

今は、多分、マニュアルのどこにも書いてないかと。

 

そうすると、わざわざ、

昔のように浸漬時間をとったら、

この前炊き機能は不要になる。

時間の無駄ですね、ダブっているわけですから。

 

まず、これを知らずに、

しっかり一時間浸漬してから、

普通の炊飯モードで炊いているご家庭も多々あるかと思われます。

 

ということで、

もし、時間に余裕があり、

浸漬時間をとれるなら、メーカーによって呼び名が違いますが、

「早炊きモード」

「高速炊飯モード」

「急速炊飯モード」

を試してみると面白いかも。

もしかしたら、いつもより美味しいご飯になるかも?!

 

さらに言うと、

実は既にこのプロセスがモード化されているかもしれません。

 

我が家の炊飯器は、

今はなき 「サンヨー」 のIH圧力踊り炊きです。

たくさんのモードがあります。

 

その中に、

「匠炊き」

「ひたし炊き」

という機能があります。

 

前者は、機械お任せなのですが、

要するに、水温を上げずに、じっくり浸漬させる、

そのために、炊飯時間が通常よりかかります。

言ってみれば、「昔の炊飯モード」なんですが、

呼び名は 「匠炊き」 笑

 

後者は、炊飯を始める前の浸漬時間を

自分で設定します。

 

是非、一度、普通の炊飯モードだけではなく、

上記のような機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

-ブログ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

消費税増税対策? (^_^) その一

消費税増税を受けて、 「生活全般を切り詰めよう」 とお考えの方。 というより、誰もがでしょうが (~_~;)   ヒントになるかどうか? 「しっかり、ご飯を炊きましょう!」 なんじゃ、そりゃ …

no image

「他のお米を食べてみたら~~」

正月明け、すぐのご注文。   「あれ、結構、年末に近い時期に配達したのになぁ」 と思いながら、配達。   もちろん、ありがたいんですけどね (^_^)   「暮れから、子 …

no image

「農法、有機栽培」天地米店小澤量のHave a Rice Day! ラジオフチューズ2020/3/17

 今日は、農法、具体的には、農薬と肥料の使い方と、その表示についてお話します。  お米の袋や、店内のポップ表示には、有機JAS農産物とか、特別栽培農産物などと書かれているものがあります。  では、有機 …

タイ米

「生産者との出会い」天地米店小澤量のHave a Rice Day! ラジオフチューズ2020/1/21

 先日、高井さんの生番組に出演させていただき、色々なお話をしました。  その中で、今、販売しているお米を作っている生産者さんと知り合うきっかけについて少し説明しました。  今日は、それについて、もう少 …

no image

種と神、日本の歴史

日本の歴史、食の歴史、種と神の関係   果たして、TPPだの遺伝子組み換えだのにめくらましをされている私たちは、 ちゃんと分かっているのだろうか?   神社でちゃんとお参りできる形 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。