無農薬玄米・贈答米 てんち米店(天地米店)ブログ

五ツ星お米マイスターとあなたに合った美味しいご飯を探しませんか?

*

炊飯器のマニュアル3

   

マニュアルをすみからすみまで読むと、色々なことが書いてあります。

Ⅰ.禁止事項:

  1. お冷ご飯の保温
  2. 玄米の保温
  3. 発芽玄米入りご飯の保温
  4. 雑穀入りご飯の保温
  5. 「雑穀」・「炊込・おこわ」を、他の炊飯メニューで炊く
  6. おかゆ・玄米などを、「白米」「高速」メニューで炊く
  7. ふきんをかける

Ⅱ.注意事項:

  • 「炊込」「おこわ」は、少なめに。一升炊きの機種なら、6合、5.5合炊きなら、3合が最大量。

Ⅲ.あれ?っていうポイント・無洗米:

  • お米のでんぷん質で白く濁ることがあります。そのまま炊くと、おこげができたり、匂いが気になる場合がありますので1~2回水を入れ替えて、すすぐことをお勧めします。
    (いや、それって、無洗米? (笑))

 

マニュアルに書いてはいませんが、

連続炊飯はやめましょう。

機械が冷めてからにしましょう。

まぁ、ご家庭ではあまりないケースかもしれませんが。

業務用のガス炊飯器のマニュアルには書いてあると思います。

 

最初から温度が高いと、

センサーがお馬鹿さんになってしまう。

 

とにかく、今の機械はセンサーが効いているので、難しい面も。

水分量を増減しても、水温上昇も測っているので、

逆算してしまうとかしないとか。

 

「新米の時期は水を控えめに」

とよく言われます。

が、センサー効きまくりの機械ですと

水の量で調節するより、

モードで対応したほうが良いかもしれません。

 

例えば、当家の炊飯器の場合、

「新米は秋モード」(春夏秋冬モードがあるんです)

(ちなみに、古米は「夏モード」が推奨されています)

 

他のメーカーですと、

「新米モード」があるかもです。

 

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
お赤飯炊いてみませんか?!

モチ米の販売って、毎年ほぼ同じくらいの数量。 でも、暮れのモチ米販売は、常に前年 …

no image
LINE@ なるものを開始しました。

スマホ、持っていません。 というか、ガラケーに戻しました。 その代わり、タブレッ …

no image
米トレーサビリティ法

先日、紹介した「米トレーサビリティ法」ですが。 概要は、こちらをご参照。 農林水 …

no image
どれが一番美味しいの?

お店には約30種類のお米があります。 それぞれに個性があります。 米屋にとってい …

no image
新米がぼちぼちと入荷

例年のことですが、当店は、新米入荷が遅い。 早いところは、6月から石垣島の新米か …

no image
生産者のプライドと覚悟

「美味しいお米はどれですか?」 美味しさって何?   ごくごく一般的な …

no image
種と神、日本の歴史

日本の歴史、食の歴史、種と神の関係   果たして、TPPだの遺伝子組み …

no image
一膳いくら&放射能

一昨日ご来店のお客様との会話から。   「消費税が上がると、また高くな …

no image
今時の放射能数値

お客様のお話。 茨城県の知り合いから、お米が送られてくるので、それを食べていると …

no image
正月用のお餅 店頭でのやり取りをLINE風

「餅」も一段落。 明日でほぼ終了できそうです。 のし餅を米屋から買って、自分でカ …