無農薬玄米・贈答米 てんち米店(天地米店)ブログ

五ツ星お米マイスターとあなたに合った美味しいご飯を探しませんか?

ブログ

宗教の冊子を持ってきた方とのやりとり

投稿日:

朝一、某宗教の冊子をご紹介したいという方がご来店。

やんわりとお断りをしたのですが、
店内をさっとご覧になられて、御質問をいただきました。

すみません、ちょっとお米について聞いていいですか?

どうぞ

玄米食べているんですが、どうして、何もしていない玄米が白米より高いんでしょうか?

まず、玄米販売というのは、「玄米食」もあることを前提に考えています。

そうなんですか?

だから、最低、減農薬、できれば無農薬のお米だと思います。

そう言えば、そうかもしれません。

そして、玄米というのはそもそもそれほど綺麗でない場合も多いんです。石とか異物が入っていたりします。また、モミが付いたままの粒もあります。さらには、虫が舐めた後が変色した粒とかもあり、いくつかの精米工程でそういう物を除去します。

はぁ。

ところが、玄米で販売しようとすると、白米にするまでに落とせるそのような異物類を先に処理しておかねばなりません。

ということで、余計な設備も必要になります。それでも、本当に綺麗に出来ない場合もあるので、やはり、最初から良い状態の玄米を選ぶことがなにより大事です。

なるほど

減農薬とか無農薬で作る意識があって、なおかつ米屋に届く段階で玄米を「綺麗」に調整するような設備と技術を持つ生産者が、とにかく必要なんです。

もっと詳しく言えば、肥料をたくさん入れて、より多くの収穫を狙えば、たくさんはとれますが、結果、お米はまずくなりがちで、なおかつ、虫も病気も寄ってきます。

減農薬や無農薬をするということは、化学肥料を少なくすることでもあり、より美味しくより安全な物を作る代わりに、収穫量を犠牲にすることでもあるんです。

そうなんですか

玄米で販売されている物が一般的に白米として販売されている物より高くなるのは、ご理解いただけたでしょうか?

今日、知ることができて良かったです。

あ、本当は、農薬云々より、米を作ることが、水と土を護るという安全保障の問題にもつながるんですが、これ以上、しつこく言うと、「宗教」みたいになるので、今日はこのくらいで・・・

 

おあとがよろしいようで (笑)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

寒餅

寒餅のご案内です。   チラシページ  と  通販ページ  です。   1月19日(月) と 2月2日(月) の二回に分けて作ります   一回目と二回目、違うところは、 …

no image

分搗きは時間をかけたいのです

朝、 「誰それさんの何々を何分搗きで何キロ搗いておいてください」 こういうご注文が増えて、本当にありがたいです。   精米は、日々が勝負。 様々な条件で日々変わります。 機械の温度でも。だか …

no image

栄養の強化米 『新玄』

【新玄】   武田信玄ではありません。   聞いたことがあるでしょうか? 昔は、ビタミン強化米と呼ばれていました。 もっぱら、脚気にならないための ビタミンB1補強でしたが、 &n …

no image

育メン?

育メン、最近良く聞く言葉です。 店頭でも実感しています。 お父さんが、赤ちゃんを抱っこして、お母さんが空のバギーを押して、 お米のお買い物。   または、お母さんはいなくて、お父さんが一人で …

no image

正月用のお餅 店頭でのやり取りをLINE風

「餅」も一段落。 明日でほぼ終了できそうです。 のし餅を米屋から買って、自分でカットして、家族で食べる。 以前は当たり前の風景ですが、 今は、一年中、切り餅が買えるので、 「のし餅」を買うこと自体がレ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。